banner

健康の入り口-もみじ歯科医院

永六輔さんの命を奪った “高齢者の肺炎”

2016-07-16

永六輔さんの命を奪った “高齢者の肺炎”
永六輔さんの命を奪った “高齢者の肺炎”「上を向いて歩こう」や「こんにちは赤ちゃん」の作詞家としても有名だった永六輔さんが2016年7月7日に亡くなりました。83歳でした。
2016年7月13日の日経Goodayのコラム 「病理医の視点」 で、永六輔さんの命を奪った高齢者の肺炎にどう向き合うかという文章が載っていました。書いているのは、近畿大学医学部附属病院臨床研究センターの榎木英 介先生です。

厚生労働省の人口動態調査(2014年)によれば、肺炎は死因の第3位。病理医として多くの亡くなった方を解剖してきた榎木先生は、がん、心筋梗 塞、脳血管障害など、さまざまな病気の “最後” すなわち死因が肺炎だったというケースに多く遭遇するといっています。
高齢者が肺炎にかかりやすい理由は、2つあると書いてありました。一つ目の理由は、加齢に伴う免疫力の低下です。若いときなら耐えられた感染症 が、高齢者にとっては生命を脅かす原因となります。近年は抗生物質が効かない耐性菌による肺炎も増えており、免疫力が弱った高齢者にとって、より 脅威が高まっているそうです。
もう一つは、飲み込む力の低下です。加齢とともに、飲み込みに関係する筋肉の力が弱まり、「飲み込む」 という動作が上手くいかなくなる。そして食べ物が口の中にいる細菌と一緒に気管を通って肺にまで達して嚥下性肺炎を起こしやすくなるそうです。コラムの最 後に
榎木先生はこう書いています。

永六輔さんの命を奪った “高齢者の肺炎”
「少しでも健康で長生きするためには、嚥下力の低下を抑えておきたい。そのためには、栄養をよく摂り、食べ物をよく噛み、嚥下力の低下を可能な限 り抑えるための体操をし、そして口の中を清潔にすることが重要だ。私たちにとって身近な、高齢者の肺炎という問題をあらためて考えさせてくれた永 さんのご冥福をお祈りしたい。浅田飴でのどを潤しながら」。

配信 Willmake143

水素水は “神の水” か “ただの水” か?

2016-07-15

水素水は “神の水” か “ただの水” か?
水素水は “神の水” か “ただの水” か?伊勢志摩サミットの国際メディアセンターでも提供され、話題となった水素水。万病に効くということで、ブームになっている水素水について、日経 トレンディ2016年8月号が取り上げていました。
水素水の関連書籍をざっと見ると、アトピー性皮膚炎や認知症、糖尿病からEDまで、まさに “万能薬” のような扱いをするものがある一方で、「市場の水素水には健康効果が認められない」 との記事や有識者の声も多く、その是非についての論争は、いまだに絶えないと日経トレンディの記事には、書いてありました。
水素水の健康効果は証明されているのか?と、有識者4人に聞いたところ、実際の効果については下記のように賛否両論だったそうです。



水素水は “神の水” か “ただの水” か?
日経トレンディの記事の結論は、「効果がないとは言い切れない。ただ、過度な期待は禁物。
肯定派、否定派の意見はどちらも信憑性があり、まだ明確な結論は出せない状況。培養細胞実験などで抗酸化作用は確認されているが、ヒトにどれほど 有効か未知数の部分も多い。全貌が明らかになるまでは、過度な期待はしないほうがよいだろう。」というものでした。

水素水は “神の水” か “ただの水” か?

配信 Willmake143

科学のワザでちゃっかりやせる!

2016-07-14

科学のワザでちゃっかりやせる!
科学のワザでちゃっかりやせる!
2016年7月13日にNHKガッテン!の2016年8月号臨時増刊が発売されました。臨時増刊号のテーマは“科学のワザでちゃっかりやせ る!”です。
テレビのガッテンでは今まで、数多くのダイエット関連を放送してきましたが、この臨時増刊号では、その中でもダイエット効果の高い“科学のワザ” を選りすぐって紹介していますと冒頭に書かれていました。
第1部は 体のたるみを消す美ワザ、第2部は ヤセ体質に変わる食べ方の秘策、第3部は ダイエット絶対成功の新常識の3部構成になっています。


科学のワザでちゃっかりやせる!

科学のワザでちゃっかりやせる!

配信 Willmake143

日本人はこうして歯を失っていく

2016-07-01

日本人はこうして歯を失っていく
日本人はこうして歯を失っていく朝日新聞出版から2016年6月30日に 「日本人はこうして歯を失っていく」 という本が出ています。歯周病に関する正しい知識の普及を目的に日本歯周病学会と日本臨床歯周病学会が共同で作った本です。

自動車部品メーカーのデンソーの健康保険組合が被保険者の医療費を分析したところ、歯周病にかかっている人はかかっていない人よりも、歯科だけで なく医科(歯科以外の病気)の一人あたりの医療費も年間平均1万5800円多くかかっていて、60歳以上になるとこの差は、3万円前後まで広がる と書いてありました。


日本人はこうして歯を失っていく中等度の歯周病にかかっている患者さんの場合、歯周ポケット周辺の炎症の総面積は 「手のひらくらいの大きさ」 です。

もし、顔に手のひらサイズの炎症があれば、誰も放ってはおかないはずですが、歯周病は、歯肉の中の見えにくい部分で炎症が起きているために多くの 人が無頓着です。そして放置している間に歯を支える骨が溶けていくだけでなく、全身に感染が広がっていきますと警告しています。
いい歯科医師を見抜くポイントの項目には、「歯周病についてきちんと勉強している歯科医師は、歯周病が糖尿病や心筋梗塞などさまざまな病気を悪化 させるので、患者さんを診るときも口の中だけでなく全身の状態にも気を配っています。診察のたびに、最近血糖値はどうですか?相変わらず血圧は高 いですか?塩分摂りすぎてないですか?などと聞かれるようであれば、意識の高い歯科医師だという証拠です」 と書かれていました。

配信 Willmake143

海藻パワーで夏を乗り切る

2016-06-26

海藻パワーで夏を乗り切る
海藻パワーで夏を乗り切る高温多湿な夏は汗でミネラルが奪われ、だるくなったり疲れやすくなったりします。2016年6月25日の日経新聞に、“海藻パワーで夏を乗り切 る” という記事が載っていました。

暑さで胃腸の消化機能が衰え食欲も落ちると、のどごしがよい素麺などの炭水化物中心になりがちです。すると、ますます必要な栄養素が足りなくなる ので、海藻で上手に補ってほしいと書いてありました。
海藻の主な成分は、食物繊維とミネラルの2つです。海藻に多く含まれる食物繊維は、腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整えます。また夏バテ予 防に欠かせないミネラルは、身体の機能を維持・調整します。そして、いまアカモクやワカメに多く含まれる「フコキサンチン」が注目されているそう です。

北海道大学大学院の宮下和夫教授によれば、フコキサンチンには、肥満予防、老化予防だけでなく、糖尿病、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの疾病予 防にも役立つと考えられているということです。新聞記事には、アカモク入り彩り冷奴のレシピが紹介されていました。



海藻パワーで夏を乗り切る

配信 Willmake143

小林麻央さんが闘う乳がん

2016-06-10

小林麻央さんが闘う乳がん
小林麻央さんが闘う乳がん2016年6月9日、歌舞伎俳優 市川海老蔵さんの妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さん(33歳)が、乳がん闘病中であることが明らかになりました。

乳がんは女性に最も多いがんで、年間の新規患者数は約9万人に上るそうです(2015年 国立がん研究センターがん対策情報センターによる予測)。
日本人の乳がんは30代後半から増加し始め、ピークは45歳から49歳と、ほかのがんに比べ若い世代に多いのが特徴だと、2016年6月9日付の 日経Goodayに書いてありました。
乳がん検診には、マンモグラフィ検査と超音波検査と視触診がありますが、マンモグラフィには 「落とし穴」 があるそうです。乳腺が発達している人やホルモン補充療法を行っている人の乳房を撮影すると、乳房全体が白く写ってしまうため、マンモグラフィ単独では、 異常の有無を完全に判定するのが難しいということです。

2016年6月12日の読売新聞はマンモグラフィの画像で乳房全体が白く写り、異常の有無がわかりにくくて、判断が困難でも「異常なし」と受診者 に通知されるケースが多いことが分かったと伝えています。
読売新聞が主要な131自治体にアンケートをしてみると、回答した自治体の7割が、判定が困難だったことを通知する仕組みがなかったそうです。
異常がないと誤解させる心配があるので、専門家は 「見えない場合には受診者が超音波検査などを受けられるような通知方法にすべきだ」 と指摘していました。


小林麻央さんが闘う乳がん

配信 Willmake143

もち麦ダイエット

2016-06-04

もち麦ダイエット
もち麦ダイエット週刊朝日2016年6月3日号が “もち麦ダイエット” の紹介記事を載せていました。今の主流ともいえる「糖質オフ」 や 「炭水化物抜き」 とは真逆の発想で、主食である炭水化物をしっかりとりながらも体重を落とすというダイエット法で最近、メディアでも注目を集めているそうです。

もち麦とは大麦の一種です。米にも 「うるち米」 と 「もち米」 があるように、大麦にも 「うるち性」 と 「もち性」 があります。うるち性の大麦で一般的なのが、麦とろご飯でおなじみの 「押し麦」 。もち性にあたるのが、もち麦です。
もち麦ダイエットとは、普段食べている白米に、もち麦をプラスするだけのお手軽なものです。お薦めの食べ方は、最も取り入れやすいのが3割(もち 麦50グラムに対し、米1合・150グラム)をもち麦にするもち麦ご飯だと書いてありました。
朝と夜の1日2食をもち麦ご飯に置き換えて、3か月間続けると効果があらわれると大妻女子大学家政学部の青江誠一郎教授は述べています。

もち麦に豊富に含まれる水溶性食物繊維は、糖質の消化・吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を防ぐとともに、脂質の吸収を穏やかにする作用があり ます。
さらに、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果もあるため、腸内環境改善にも役立つそうです。記事の中で、青江教授監修の “もち麦ダイエットレシピ” という本が紹介されていました。

もち麦ダイエット

配信 Willmake143

銀歯の寿命は8年!

2016-05-27

銀歯の寿命は8年!
銀歯の寿命は8年!週刊文春2016年5月26日号が 「銀歯の寿命は8年!」 と題した記事を載せていました。
記事のはじまりは 「虫歯を治療して、銀歯をつけている人は多いだろう。保険適用になっており、安価で耐久性もあると考えられている。ところが、海外ではほとんど使われてお らず、歯科医も本音ではセラミックの方がいいと語る。いったい銀歯にどんなリスクがあるのだろうか」というものでした。

日本歯科大学附属病院総合診療科の北村和夫教授は次のように解説していました。
「いわゆる銀歯とは、正確には金銀パラジウム合金という合金です。まず、健康保険適用対象のため、個人の負担が軽微で済むというメリットがありま す。また、強度も高いため、今も歯科治療の中心として使われている」。
こう解説した上で、再発リスクについて 「シルバーのネックレスに汗が付着すると黒く酸化するのと同じように、銀歯も口腔内で劣化します。私たちの患者さんの来院頻度を分析すると、詰め物をした 歯は平均5年程度で、かぶせもの(歯を全て覆う銀歯)をした歯は平均8年程度で再治療が必要になっています」 と指摘しています。


銀歯の寿命は8年!
別の歯科医師は、銀歯は特に歯の欠損リスクが高いと述べています。歯は噛み合わせるようなタテの力には非常に強いが、ヨコからの力には弱い。特に 歯ぎしりをする習慣がある人や、顎の骨が強くて噛み合わせる力が強い人の口内に硬い銀歯が入っていると、自分の歯は多少しなるのに、銀歯は “くさび” のように動かないため、銀歯より柔らかな自分の歯のエナメル質などが削られてしまう。
銀歯を入れているために、気づかないうちに自らの歯にクラック(破折)が入ってしまうことも珍しいことではないそうです。
また北村教授は、海外では “メタルフリー” という概念が一般的で、口腔内に金属を入れるリスクはすでに広く知られており、加えて審美的にも金や銀を入れることは忌避されていることも紹介していまし た。

銀歯にはリスクがあり、保険適用でないセラミックを使った治療法は高額です。自分にあった治療法、予防法をしっかり選んでほしいと記事の最後には 書いてありました。

配信 Willmake143

年を重ねるとは、スタイルを作ること

2016-05-26

年を重ねるとは、スタイルを作ること
年を重ねるとは、スタイルを作ること2016年5月25日の日経MJの読書欄で 「フランス人の40歳からの生きる姿勢」 という本が紹介されていました。

ニューヨーク・タイムズでベストセラー第1位に輝き、37ヶ国語に翻訳され、世界300万部の大ベストセラーとなった 「フランス女性は太らない」 の著者の新作です。
フランスで生まれ、現在アメリカで暮らす60代の著者は、若さを重視しすぎる米国的な考え方に異を唱えて、多少のシワは歓迎するわ。でも諦めな い。すべては 「生きる姿勢」 よ。 と書いています。

この本にはフランス人のように加齢と向き合い、第二の人生を思い切り楽しむためのアプローチが、小気味よい言葉で紹介されています。“歯” については、こんなふうに書かれていました。

年を重ねるとは、スタイルを作ること

配信 Willmake143

がんと栄養失調

2016-05-20

がんと栄養失調
がんと栄養失調2016年5月19日に光文社新書として出版された 「がんでは死なないがん患者〜栄養失調が寿命を縮める」 という本が、今話題を集めています。アマゾンでも一時的に在庫切れと表示されるほどです。

著者は、藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座の東口?志教授です。日本初の全科型栄養サポートチーム(NST)を設立した東口教授は 「がん患者はがんによって亡くなると思われるでしょうが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連しています。そうした感染症はがんによって引 き起こされたものではありません。
その多くは、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。栄養不足で免疫力が低下し、健康な人なら何ともない弱い細菌に感染し、回復で きずに亡くなるのです。がん患者が亡くなる本当の原因が栄養不足であるという現実を治療に役立てることができれば、がん患者はもっと長生きできる はずです」 と述べています。

“病院こそ” 栄養管理が整っていると思うのが普通だが、なぜこんな状況が起きてしまうのか? 東口教授は、「患者さんだけでなく、栄養管理のことを知らない医師が多す ぎることです」 と週刊ポスト2016年6月10日号のインタビューで答えています。
栄養管理に関する医学部の講義はいまも各大学の自主性に任されているそうです。


がんと栄養失調世界でいち早くがん患者の栄養に注目したアメリカでは、「栄養管理が医療の基本」 という考えがあり、70年代から病院内に医師や看護師、管理栄養士、理学療法士、検査技師からなる栄養サポートチーム(NST)を置いて、患者の栄養管理 に努めてきたという記述が週刊ポストの記事の中にありました。
米国国立がん研究所とライセンス契約し、がんに関する最新かつ包括的な情報を配信している “がん情報サイト” には、がんの治療前、治療中、治療後に正しい種類の食事を摂ることができれば、患者さんはより快適かつ活動的に生活できるようになりますと表示されていま す。

配信 Willmake143

« Older Entries
Copyright(c) 2010 momiji dental clinic All Rights Reserved.