banner

健康の入り口-もみじ歯科医院

口腔ケアを怠ると・・・

2019-04-23

口腔ケアを怠ると・・・
口腔ケアを怠ると・・・口の中を清潔にする口腔ケアは、虫歯や歯周病予防のためだけに必要なのではありません。
口の中の細菌は全身の病気や生活の質に影響し、たとえ口から食べられない人にとっても重要なのです。介護が必要な人に行う毎日の口腔ケアのポイント、歯科医院に行けない人が治療を受ける方法を取材した記事が通販生活2019年夏号に載っていました。

記事のタイトル「口腔ケアを怠ると誤嚥性肺炎、認知症、心疾患等の危険性が高まる」でした。
8020推進財団専務・高野直久先生は、こう指摘しています。「口の状態の良し悪しが全身の病気に関わることをご存知でしょうか。口腔内の衛生状態が悪いと、唾液や食物に細菌が混じり、それが誤って気管に入ってしまう誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなります。誤嚥性肺炎で死に至る人もいるため、口腔ケアは非常に重要です」。
口腔ケアには、口の中をキレイにすることだけでなく、噛んだり飲み込んだりの機能を高める目的も含まれます。
具体的にはどうすればいいのかという質問に高野先生は、こう答えています。

「歯科医師や歯科衛生士によるプロのケアと、家庭における日常のケアの両方が必要です。
むし歯や歯周病の有無、入れ歯の有無、噛む力や飲み込む力など、口の状態は人によって異なりますから、まずは歯科医師に相談して、その人に合った適切な口腔健康管理(口腔機能管理、口腔衛生管理、口腔ケア)を教えてもらってください」。

「健康」と「要介護」の中間の「虚弱な状態」を「フレイル」と言います。フレイルの中でも比較的早く現れるのが「オーラル(口腔)フレイル」です。
オーラルフレイルは、「食べこぼしが増えた」「硬いものが噛めなくなった」「むせる」「滑舌が悪くなった」などの兆候があり、進行すると物をうまく食べられなくなって低栄養状態に陥ります。
こうしたオーラルフレイルを予防するために、口の周りの筋肉を鍛え、唾液がよく出るようにする体操とマッサージが記事の中で紹介されていました。


口腔ケアを怠ると・・・


口腔ケアを怠ると・・・

配信 Willmake143

百寿社会における寿命とは?

2019-04-15

百寿社会における寿命とは?
百寿社会における寿命とは?家庭画報2019年5月号に「人生百年時代を迎えて、生きるを問う 幸福寿命」を慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科・伊藤裕教授と考えるという記事が載っていました。

伊藤裕先生は内分泌学、抗加齢医学などを専門とし、100歳以上の長寿者を対象とする百寿者研究にも造詣の深い医学者です。
65歳以上の高齢者が総人口の28%を占めるわが国において、現在、平均寿命と健康寿命との差は10年くらいあり、その差が縮まらず、長生きが幸せだと限らないのも現実ですが、伊藤先生は今後の社会は「百寿社会」であってほしい。100歳まで幸福に生きることのできる社会を実現することが大切だと著書「幸福寿命」で提起しています。

老いても誰かの役に立ち、幸福寿命を全うするにはやはり肉体の健康が欠かせません。
それは誰もが願うことで、そのために伊藤先生は “臓器の記憶” を活用することを考えているそうです。
日々の生活の中で、体にいいことや悪いことを行うと、それが一時的であっても、臓器の機能に比較的長く影響を及ぼしていく現象のことです。健康維持のためには無視できない現象です。
「我々の健康を効率的に常によい状態に持っていくには、いい記憶をつくっていくことが大切ですし、逆に悪い記憶が積み重なると後から消せなくなるので、早めに消す方法が必要になります。
私は肥満に起因するメタボリック症候群から引き起こされる負の連鎖を “メタボリックドミノ” として提唱しましたが、まさに “メタボリックドミノ” は、悪い臓器の記憶の蓄積で起こります」と伊藤先生は語っています。

メカニズム的には今注目されている遺伝子の「エピゲノム変化(生活習慣などの影響により後天的に遺伝子の働き方が変化すること)」が働いているそうです。
遺伝と生活習慣という二つの要素はきれいに切り離せるものではなく、エピゲノム変化を通じて遺伝子の力を引き出す生活習慣が重要なのだそうです。
遺伝子の力はまだまだ期待値が大きく、我々が使いきっていない部分が多いので、健康によい生活をして臓器のいい記憶をつくることで遺伝子がどんどん使われていくことが健康長寿のためには大切だということです。
臓器のいい記憶によって遺伝子のスイッチを押してやるわけです。


百寿社会における寿命とは?

配信 Willmake143

スーパー大麦

2019-04-10

スーパー大麦
スーパー大麦食物繊維を豊富に含む麦飯系のおにぎりが、コンビニの売れ筋商品になっています。
プチプチとした食感を楽しめ、かみ応えがあることから満腹中枢を刺激してダイエットにも効果的です。おにぎりだけでなくサラダやお弁当などにも食物繊維を使った商品が広がっています。
コンビニ各社が“麦飯系”に力を入れる背景には、コンビニの客層が最近は60代以上のシニアや女性の比率が高まっていて、そうした消費者の健康ニーズに応えるためだ」とサンデー毎日2019年4月7日号が伝えていました。



スーパー大麦私たちの腸内には数千種類以上、約1000兆個もの腸内細菌がすみついています。
これら細菌の集団が腸壁に広がっている様子が、顕微鏡で見ると「お花畑」のように見えることから、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。
叢とは草むら、の意味です。世界中の最近の研究で、腸内フローラを整えることが、腸だけではなく全身の健康に関わってくることが分かってきています。
また、腸内フローラの健康を維持するために注目されているのが食物繊維です。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。不溶性は便のカサを増やし、腸の蠕動運動を促進して便通を良くする働きがあります。

水溶性は腸内細菌のエサとなり、腸内で発酵され、「短鎖脂肪酸」と呼ばれる体に良い成分を作ってくれているそうです。
腸内細菌の中の有用菌のエサとなるのは、主に水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維はワカメや昆布などの海藻類やりんごやバナナ、ごぼうやこんにゃくなどに多く含まれますが、大麦には特に多く含まれます。
その大麦のパワーをより強力にしたのが、オーストラリアで開発されたスーパー大麦(バーリーマックスの名称で流通)で、通常の大麦の2倍、もち麦の1.5倍の食物繊維を含んでいると記事には書いてありました。
腸内細菌は大腸の奥に一番多くすんでいるのですが、腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維は、奥まで届く前に常在する腸内細菌に食べ尽くされてしまうため、大腸の奥に多くすんでいる有用菌にエサを届ける必要があります。
研究では、スーパー大麦の摂取により食物繊維が腸の奥まで届き、発酵を促していることが示唆されているそうです。
食物繊維を豊富に含む雑穀米などを食べて、腸内フローラの「多様性」を維持することを帝京平成大健康メディカル学部の松井輝明教授(消化器内科)はすすめています。

配信 Willmake143

感情の老化

2019-04-03

感情の老化
感情の老化「昔ほど、何かに感動しなくなった」
「嫌なことがあると、ずっと引きずってしまう」
「アイデアが湧かなくなってきた」
「最近、頑固になったと感じることがある」
もしこんな自覚症状があるとしたら、あなたの感情は老化し始めているかもしれません。

こういった書き出しで始まるのは、国際医療福祉大学心理学科の和田秀樹教授の新著「感情の老化を防ぐ本」です。朝日新聞出版から2019年3月30日に出版されました。

一般的に「老化」といえば、「健康」「脳」「見た目」の三つが思い浮かびます。
そのため、多くの人は、ウォーキングやジム通い、ダイエットなどで体の健康管理をし、クイズ・ドリルなどで頭を使って脳機能の低下を防ぎ、美容やファッションなどに気を遣って見た目の衰えを補おうとします。
もちろんそうした努力は必要なのですが、それ以前に手を打つべきなのは、実は「感情の老化防止」「感情年齢を若々しく保つこと」だと和田先生は書いています。

感情年齢は前頭葉の萎縮と密接な関係があるのだそうです。
大脳の前方にある前頭葉は、思考、意欲、感情、性格、理性など、高度で人間的な感情をつかさどっています。
何かに感動したり、わくわく、ドキドキといった好奇心やときめきを持ったり、やる気を出したり、気持ちのコントロールや切り替えをすることが前頭葉の仕事です。
しかし、画像診断の上での「前頭葉の委縮」は40代ごろから始まり、放置しておけばどんどん進行していきます。
だからこそ、感情の老化を防ぎ、感情年齢の若返りを図ることこそが、心身の健康維持や、生き生きとした人生を送るための最重要ポイントなのです。

若者とシニアでは「感情」に大きな違いがあります。若者とシニアで一番違うのは、感情を揺り動かす「ときめき」や「やる気」などのモチベーションの大きさです。
シニアも若者も、基本的な感情は同じなのですが、その熱量に差があるのです。何に対しても意欲が湧き起こるのが「若者脳」なら、なかなか気持ちのボルテージが上がらず、意欲不足に陥るのが「シニア脳」といえるかもしれません。

予定外のことに突き当たったとき、「こんなはずじゃなかったのに」と立ち止まってしまうのがシニア脳なら、「予定変更、次行こう、次!!」と切り替えられるのが若者脳なのです。


感情の老化この行動力とチャレンジ精神が両者を分ける目安ともいえるでしょう。
それは、感情の中で最も行動と結びつきやすい「ワクワク感」や「ドキドキ感」と言った気持ちです。
だからこそ、この感情がある限り、シニアであっても心が老化することはなく若々しさを保つことができます。
つまり、実年齢がいくつであろうと、感情が若々しいことが大事なのですと本の中で和田先生は書いていました。

配信 Willmake143

隠れ脂肪肝が危ない!

2019-04-01

隠れ脂肪肝が危ない!
隠れ脂肪肝が危ない!2019年3月24日に放送されたNHKスペシャルのタイトルは「隠れ脂肪肝が危ない〜万病につながる“沈黙の臓器”の異変〜」でした。
肝臓に過剰な脂肪がたまった状態の「脂肪肝」。血液検査の肝機能の値は正常なのに、実際には脂肪肝という“隠れ脂肪肝”の人が多くいることが分かってきたと番組は伝えていました。


隠れ脂肪肝が危ない!番組で、健康診断で問題がない20代から70代の50名の肝臓を最新の超音波機器「フィブロスキャン」で測定したところ、およそ3割の人が「脂肪肝」と判定されたそうです。
脂肪肝になると、肝臓の細胞は脂肪を蓄積する一方、細胞が傷つきやすくなります。
進行して、傷ついた細胞が硬い組織に変わると「肝硬変」となり、健康な肝臓に戻ることはできなくなります。
だからこそ、「脂肪肝」の間に対策し、健康な肝臓を取り戻すことが大事なのです。

2018年に発表された研究では、「脂肪肝」は全身のあらゆる臓器でがんのリスクを高めることが明らかになりました。
特にリスクが高いとされているのは肝臓がんのほか、胃がん、すい臓がん、肺がんで、健康な人に比べてリスクは2倍以上だそうです。
そのメカニズムと考えられているのが、脂肪肝によって壊れた肝臓の細胞を排除するために放出される「炎症性サイトカイン」という物質が血管を通って全身をめぐり、他の臓器の正常な細胞を攻撃、炎症を引き起こしがん細胞ができやすくしているということです。
同じメカニズムで、脳卒中や心筋梗塞、アルツハイマー病のリスクを高めることも分かってきました。
そこで大事なのは、“隠れ脂肪肝”の原因となる生活習慣を改善することです。中でも、「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」「運動不足」を避けることが基本です。

番組では、脂肪肝対策を紹介していました。まずおすすめは、「筋トレ」と「有酸素運動」を組み合わせる運動法です。
例えば、スクワットを10回した後、15分のウォーキング。スクワットをすると肝臓の脂肪をエネルギーに変えるスイッチが入り、その後、ウォーキングをすることでその効果は持続するそうです。
最新の研究でその効果が注目されている食材として「大豆製品」と「コーヒー」も紹介していました。

大豆に含まれるたんぱく質には、肝臓に蓄えられた脂肪の燃焼を促す効果があることが突き止められています。
専門家は1日75グラム程度の大豆製品を取り入れることを勧めています。


隠れ脂肪肝が危ない!また、コーヒーに含まれるカフェインにも脂肪を分解する効果があるそうです。(飲み過ぎには注意)
脂肪肝がやっかいなのは自覚症状がなく治療薬もまだないことです。
唯一できるのは、少しでも早く自らの「隠れ脂肪肝」に気づき、取り返しがつかなくなる前に対策することだというのが番組のメッセージでした。

配信 Willmake143

あなたの筋肉貯金の残高は?

2019-03-25

あなたの筋肉貯金の残高は?
あなたの筋肉貯金の残高は?日経ヘルス2019年4月号に “筋肉貯金” の方法が紹介されていました。


あなたの筋肉貯金の残高は?筋肉貯金とは、加齢とともにやせ衰える筋肉を鍛えて蓄えておくことで、年齢を重ねてもしっかり歩けて、健康な体を維持するという考え方のことです。

筋肉は30〜40代から減り始めます。
特に減りやすい太ももの筋肉は、80歳にもなると、最も太かった25歳ごろの半分近くに減るという報告があります。

筋肉が減るスピードを抑えるためにも筋肉貯金が必要です。


あなたの筋肉貯金の残高は?

配信 Willmake143

香りの健康法

2019-03-19

香りの健康法
香りの健康法毎日新聞系列の週刊誌サンデー毎日の2019年3月17日号に、“脳を活性化する香りの健康法”という記事が載っていました。
「香り」を感じるには、嗅覚が重要な役割を果たします。しかしその嗅覚は、年とともに徐々に衰えていきます。
白内障などで目が見えづらくなったり、耳が遠くなるように、香りを嗅ぎ分ける力は一般的に70代頃から低下すると書いてありました。

香りを科学的に研究する東京大大学院農学生命科学研究科の東原和成教授はこう指摘しています。
「食事がおいしくなくなってきたら要注意です。おいしさを感じる要因として、五感の中でも嗅覚が非常に重要です。試しに鼻をつまんでお茶を飲んでみてください。あまり味を感じないでしょう。高齢者が食事をおいしくないと感じるなら、香りを感じる能力が低下し、脳に変化が起きているかもしれません。実はおいしくない、つまり嗅覚の低下は、認知症の初期症状の可能性もあるのです。食に対する嗜好の変化は、脳の変化による可能性があります」と東原教授は語っています。
嗅覚が落ちるほど死亡率が高くなるという報告もあります。年とともに衰えていく嗅覚を維持するにはどうすればいいのでしょうか。


香りの健康法東原教授は、「食事の時に香りを楽しむこと」とアドバイスしています。
まず食事では純粋に香りに集中してみる。新鮮な野菜や肉、魚など、いい食材は噛むことが大事。咀嚼すると食材の中に閉じ込められていた味物質と香り物質が飛び出して一層おいしくなります。噛んで味わって、香りを感じるというステップを踏むのは脳の活性化につながります。

記事の中で、日本アロマ環境協会の公式テキストから目的別に合わせたアロマオイル活用法が紹介されていました。
忙しい現代では、どうしても視覚、聴覚に頼って神経がすり減りがち。
嗅覚を含めて五感をバランスよく働かせて「その日にフィットする香り」を選ぶことが、脳の活性化と心身の豊かさにつながるだろうと記事の最後には書いてありました。



香りの健康法

配信 Willmake143

行きたい日本遺産

2019-03-18

行きたい日本遺産
行きたい日本遺産日本各地の文化・伝統を物語る文化財を、文化庁が「日本遺産」として認定しています。

その認定された日本遺産67件の中から「行きたい場所」を朝日新聞デジタルの会員登録者に選んでもらったランキングを2019年3月16日の朝日新聞が発表していました


行きたい日本遺産

配信 Willmake143

小太りのほうが長生き?

2019-03-16

小太りのほうが長生き?
小太りのほうが長生き?

2019年3月15日号の週刊朝日が、昨年12月に日本老年医学会が公表した「高齢者肥満症診療ガイドライン」の中で、高齢者の肥満が認知症の発症リスクを下げることが示されていると伝えています。
認知症と心血管疾患(心筋梗塞や狭心症など)の項目には、こう記されています。

▶高齢者の肥満は認知症の発症リスクにならない。むしろリスクを下げる。 
▶反対に、BMI(肥満度を示す指数)が低かったり、体重が減ってきたりしているケースは、認知機能の低下や認知症のリスクになるので注意。 
▶高齢者の肥満は、心血管疾患のリスクになるかどうかはわからない。

高齢者は太めがいいというのは、国内に住む健康な60歳以上の男女、6千人を対象にした約19年間の追跡調査、「日米共同プロジェクトJAHEAD (長寿社会における中高年の暮らし方の調査)」でも明らかになっているそうです。


小太りのほうが長生き?JAHEADをまとめた東京大学高齢社会総合研究機構特任講師の村山洋史さんは、シニアは意識しないと体重が維持できないと話しています。
脳卒中や心筋梗塞と言った病気は、肥満がリスクだったはずですが、シニアではやせているほうがリスク。

では、どんな太り方が理想なのか?「筋肉も脂肪もついた状態」だそうです。ご飯などの糖質をたっぷり摂れば、糖質は脂肪に変わり、体重を増やしてくれます。でも、その太り方はお勧めできないと書いてあります。
筋肉が減って脂肪だけがついた「サルコぺニア肥満」になりやすいからです。
先のガイドラインにも、サルコペニア肥満は普通の肥満に比べて転倒や骨折をしやすく、要介護や死亡リスクを高めると注意を促しています。筋肉と脂肪がバランスよくついた太めシニアが理想的です。


小太りのほうが長生き?それには、肉や魚、卵などさまざまなたんぱく質をしっかり摂ることです。体重を増やすためのポイントは三つです。
一つめは「動いて、食べる」、二つめは「食べ物の健康情報に惑わされない」、三つめは「週に1度の体重測定」。食の情報については、ちまたに流れる「よい食材・よい食事」は、おおかた痩せるためによいものです。
シニアにとって必ずしも良いものとは限らないのだそうです。シニアが目指すのはぽっちゃり体形。
ただし、中年期の肥満は、高齢期の認知症発症リスクであるので注意する必要があります。

配信 Willmake143

スプーン1杯の健康法

2019-03-13

スプーン1杯の健康法
スプーン1杯の健康法テキスト版・NHKガッテン!の2019年春号に「スプーン1杯 健康法」が紹介されていました。
難しい健康法は苦手という人に、日々の食事や飲み物にスプーン1杯を “足す” だけの方法をすすめています。油(脂質)は炭水化物やたんぱく質と並び、私たちの体に欠かせない三大栄養素の一つです。
しかし、昔に比べて魚を食べる量が減ったため、日本人の「オメガ3の油」の摂取量が少なくなっています。
「オメガ3の油」とサラダ油に代表される「オメガ6の油」のバランスがとれていないと、心筋梗塞などの病気リスクが高まることがわかってきているそうです。

日本脂質栄養学会が推奨する「オメガ6の油」と「オメガ3の油」の理想的な摂取比率は2:1です。
ところが、実際は5:1とオメガ6の油が多い人がほとんどです。どうやって足りない「オメガ3の油」をとればいいのでしょうか。

そこでおすすめしているのが、植物由来で「オメガ3の油」を含む、えごま油かアマニ油で補う方法です。
毎日、小さじ1杯をいつもの料理にかけるだけで、厚生労働省が1日の摂取目安としている約2gの「オメガ3の油」が摂取できますと書いてありました。
えごま油やアマニ油には「α‐リノレン酸」が含まれ、体内でEPAやDHAに変換されるので、魚食の代わりになります。この2つの油はいろいろな料理や飲み物に合い、お酒やアイスにかけてもOK。余さずとるなら、卵かけごはんやヨーグルト、納豆に混ぜて食べても大丈夫です。ただし、熱によって酸化しやすいので、炒めものなどには不向きだそうです。魚を食べた、食べないにかかわらず、毎日、スプーン1杯とることをおすすめしています。


スプーン1杯の健康法

配信 Willmake143

« Older Entries
Copyright(c) 2010 momiji dental clinic All Rights Reserved.