banner

健康の入り口-もみじ歯科医院

子どもの目が「オンライン疲れ」

2020-06-24

子どもの目が「オンライン疲れ」
子どもの目が「オンライン疲れ」2020年6月20日のNHKニュースが、新型コロナウイルスの影響で休校が長期化したことで、子どもたちがオンライン授業でパソコンやスマートフォンなどを長時間見続けることで目の不調を訴えるケースが増えていると伝えていました。

こうした子どもを診療している眼科医は、国などが目を疲れさせないオンライン授業の形を示す必要があると訴えています。
東京の世田谷区眼科医会は、若い世代の患者が増えていないか、会員の医師に対してアンケートを行い、48人から回答を得たそうです。



子どもの目が「オンライン疲れ」患者から相談があった症状について複数回答で聞いたところ、16人が長時間にわたってスマートフォンの使用やゲームをしたことによる目の疲労や異常、そして、11人がオンライン授業でパソコンなどを長時間使ったことによる目の疲労や異常を挙げていて、具体的には「7歳の子どもが1日6時間パソコンを見たことで目を痛めた」とか「大学生が講義を一日中見ていたら痛くて目を開いていられなくなった」といった相談があったということです。

子どもの目の状況について、日本小児眼科学会などは今年4月、緊急の提言を出し、距離をとるとともに、長時間使い続けないよう注意を促しています。
多くの学校は再開されましたが、今後、感染の第2波が来ると、再び、オンライン授業が増える可能性もあり、眼科医は子どもの目を守る対策が必要だとしています。

教育現場での情報通信技術の活用について研究している、東京福祉大学の柴田隆史教授は「近視は学童期に発症したり、進行しやすいことが知られていて、近くを見続ける作業が長い時間続くことが近視と関係しているとされる。成長過程にある子どものパソコンやタブレット端末などの使用に関しては十分に配慮する必要があり、適度に休憩を取ることが大切だ」と指摘しています。
柴田教授によると、具体的な対策として、アメリカでは20分間画面を見たあとは20フィート、およそ6メートル以上離れた物を20秒間眺めるという「20ルール」があるということです。

●画面から30センチ以上目を離す ●上や下を向いたままだと目に負荷がかかるため、姿勢を正し、視線と画面が直角に交わるよう、画面の角度を調節する ●タイマーを付け、20ルールを実行する ●寝る2時間前からは使わない―の四つのポイントを家庭で習慣付けることが大切だとニュースは伝えていました。

配信 Willmake143

初夏の健康ドリンク

2020-06-22

初夏の健康ドリンク
初夏の健康ドリンク暑さや湿気で体調をくずしやすいこの季節は、水分や栄養をこまめに補給することが大切です。おいしく飲めて健康的な、簡単ドリンクをNHKテキスト きょうの健康2020年6月号が紹介していました。


初夏の健康ドリンク


初夏の健康ドリンク

配信 Willmake143

免疫力を下げないすごし方

2020-06-19

免疫力を下げないすごし方
免疫力を下げないすごし方新型コロナウィルスをきっかけに、免疫力を高めておきたいと思う人は多いことでしょう。日経ヘルス2020年6月号に「免疫力を下げないすごし方」という記事が載っていまいした。



免疫力を下げないすごし方疫(病気)を免れると書いて「免疫」。免疫の最初の段階は皮膚や粘膜などの「自然バリア」です。皮膚の皮脂、汗、涙、唾液などが病原体の侵入をブロックしています。


免疫力を下げないすごし方しかし、皮膚、粘膜のちょっとした傷、乾燥などによって病原体は侵入してきます。そのとき活躍するのは、全身の組織で闘ってくれるマクロファージなどの「食細胞」という細胞で、病原体を “食べて” 体内に取り込み、殺す役割を持っています。こうした免疫機能を「自然免疫」と呼んでいるそうです。

そして自然免疫だけで、病原体を抑えきれなかったときに登場するのが「獲得免疫」です。
自然免疫ではかなわない病原体が侵入してきた時、免疫システムは病原体の「抗原」を認識。その抗原を攻撃する抗体を産生して病原体をやっつけます。

免疫システムの維持にはビタミンB群やビタミンDといった栄養素もしっかりと取っておく必要があります。感染症に負けないよう、免疫システムを強化するにはまずバランスのとれた食事で栄養をまんべんなくとることが大事です。

配信 Willmake143

認知症予防にカマンベールチーズを

2020-06-16

認知症予防にカマンベールチーズを
認知症予防にカマンベールチーズを世界でも類を見ないほどの「超高齢社会」を迎えた日本において、大きな課題の1つとなっているのが認知症です。日本認知症予防学会は、6月14日を「認知症予防の日」と定めて啓発活動を進めています。

「平成29年版高齢社会白書」(内閣府)によれば、認知症を患う高齢者は約462万人(2012年時点)と高齢者人口のおよそ7人に1人の割合です。
今後もその割合は増加し、「2025年には約5人に1人になる」という推計もあります。

認知症の約半数は、アミロイドβなどの特殊なたんぱく質が溜まることで正常な神経細胞を壊して脳を萎縮させる「アルツハイマー型認知症」です。
通常アミロイドβは脳内で働く唯一の免疫細胞ミクログリアによって除去されますが、アミロイドβが大量に沈着したり、ミクログリアが必要以上に働いたりすると脳内に炎症が起こります。
その結果、神経細胞の情報伝達に支障をきたし、認知症になるのです。


認知症予防にカマンベールチーズを認知症予防の関連性で注目されているのが脳神経細胞の発生・成長・維持・再生を促すたんぱく質「BDNF」です。
BDNFは脳内で記憶を司る海馬に多く含まれるほか、血液にも含まれます。

認知症になると血中のBDNF濃度が下がるそうです。
近年、カマンベールチーズが認知症、とくにアルツハイマー型認知症の予防に役立つ可能性があることが分かりました。
桜美林大学、束京都健康長寿医療センター、明治の共同研究グループによる軽度認知障害(MCI)の女性を対象にした試験では、カマンベールチーズを食べることでBDNFが増加することが、世界で初めて確認されました。


認知症予防にカマンベールチーズをカマンベールチーズは赤ワインやビールのおつまみとして食べられること
が多いですが、まろやかなコクがコーヒーや抹茶などにもよく合います。

食べ物ではバゲットやフィセルといったフランスパン、リンゴやトロピカルフルーツとも相性がよく、いろいろな組み合わせも楽しめます。
人生100年時代を自立していきいきと過ごすために、毎日のカマンベールチーズ習慣を始めませんか。


認知症予防にカマンベールチーズを

配信 Willmake143

マスク熱中症

2020-06-10

マスク熱中症
マスク熱中症新型コロナウィルス感染予防のため、政府が示した「新しい生活様式」にマスクの着用が盛り込まれましたが、夏のマスク着用による健康被害を防ぐことも課題となっていると2020年6月8日の朝日新聞が伝えていました。

熱中症に詳しい帝京大医学部付属病院の三宅康史・高度救命救急センター長は「われわれは、夏場に大勢の人がマスクをつけて過ごすという、全人類が経験したことがない夏を迎えることになる」と指摘しています。
マスクをつけていると、吐いた息がマスクでブロックされたり、呼吸で温まっているマスクを通じて息を吸ったりすることで、体がより熱を持ちやすくなってしまいます。

また、マスクをつけていることで呼吸に負担がかかり、肋間(ろっかん)筋や横隔膜を必要以上に働かせることになり、運動しているのと同じ状態となるため、体温が上がって熱中症のリスクを高めるのだそうです。


マスク熱中症6月1日には、三宅先生も所属する日本救急医学会や日本感染症学会など4学会が共同で、「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」を発表しました。
温度調節については、一般には室温が28度、湿度が70%を超える場合はエアコンの使用が勧められていますが、これはあくまで目安で、「日中は自分が最も過ごしやすく、夜はぐっすり眠れる温度を見つけて調整することが大切」だということです。

マスクの着脱も、状況に応じて行い、交通機関や公共施設、スーパーなど屋内でも人の多い場所ではマスクの着用が求められるが、そうした場所では冷房が効いているため、熱中症になるリスクは低いはずです。
注意が必要になるのは、屋外での移動や活動をするときです。人との距離に配慮した上で、マスクを適宜はずして、休憩を取るようにしましょう。


マスク熱中症一人暮らしの高齢者など熱中症のリスクが高い人とは、頻繁に連絡を取ることも重要だと、三宅先生は強調します。高齢者は基礎代謝が落ちることで、熱産生量が低くなり、体温も低下するので、気温が高くなっても暑いと感じにくい。
そのため、「猛暑日や熱帯夜が数日続いたときに、気づかぬうちに熱中症になり、救急搬送されるケースが多い」そうです。
そうした事態を避けるためには、例えば、室温が高まる午後2時に電話をして、エアコンをつけているかを尋ね、つけていなければスイッチを入れるように促す。
さらに、2〜3時間後にも再び電話をして、エアコンがついているか確認するくらいの世話焼きが必要だと、三宅先生は話しています。

配信 Willmake143

マスク映えメイク

2020-05-20

マスク映えメイク
マスク映えメイク新型コロナウイルスの感染拡大を受け、資生堂がマスク着用時のメーク術や自宅での美容ケアについて情報発信していると2020年5月18日付の日経MJが伝えていました。

資生堂の蓄積するノウハウをネット上で研究員などが紹介していて、「在宅疲れ」などをちょっとした工夫で乗り切る知恵がちりばめられているそうです。ホームページでマスク着用時のポイントを次のように掲載しています。
「白いマスクとの対比で通常よりも強い印象を与えがちな目元について、やさしい印象のアイメークを推奨。黒のアイライナーを茶色に変えたり、眉マスカラを使用して眉の印象を整えたりといった方法」を紹介しています。


マスク映えメイク在宅時間が長くなると自宅で食事することも多くなり、水仕事も増えます。そんな時に有効な簡単なハンドケアも指南しています。

ハンドクリームを使ったマッサージは、親指の腹と
付け根のふくらみの母指球を使い、反対の手の甲に大きな円を描くイメージで塗るのが基本だそうです。

指のマッサージには指先から付け根に向かってらせん状にもむのがよいとしています。
在宅勤務では慣れない環境で長時間パソコンに向き合う日も多く、体をほぐすストレッチも重要です。肩の上下運動や肩まわしでほぐし、両手を組んで思いっきり伸ばして胸や背中の筋肉を伸ばす方法や足元のむくみ防止のため、椅子に座ったままできるストレッチも紹介しています。
普段よりもゆっくり入浴できる時間がある時は、心身をリラックスさせるため、38度前後のぬるめのお湯で20〜30分つかり、汗ばむ程度の入浴を推奨しています。
資生堂の調査では香りが寝つきに有効といい、香りのついた入浴剤やボディソープも効果的だそうです。資生堂はこうした情報を「いまだから大切にしたい毎日のこと」としてホームページに掲載し、関連する自社の美容アイテムも紹介しています。


マスク映えメイク

配信 Willmake143

夢中になれる医療マンガ

2020-05-11

夢中になれる医療マンガ
名作ぞろいの医療マンガは、現場の苦悩と命の大切さを教えてくれます。13人の書店員が選んだおすすめの医療マンガを2020年5月2日付の日経新聞が紹介していました。
夢中になれる医療マンガ

配信 Willmake143

LINEでコロナ相談

2020-05-10

LINEでコロナ相談
LINEでコロナ相談新型コロナウイルスの感染が広がり、健康不安を抱える人が増えています。「LINE」アプリを使って医師に相談する方法を2020年5月2日付の日経新聞が解説していました。
LINEヘルスケア株式会社は、オンライン健康相談に関する意識が高まりつつある状況を踏まえ、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」において、より多くの方が自宅からコロナウイルスをはじめとする健康に関する不安を解消できるよう、4月以降もオンライン健康相談を無償提供することを決定しています。
全国各地の地方自治体LINE公式アカウントとも積極的に連携を開始しているので、医療機関の往訪等による感染拡大のリスク軽減やクラスター発生の対策として、活用してほしいそうです。


LINEでコロナ相談

最近、喉が痛い。新型コロナじゃないかと心配。でも病院へ行くのも怖いという人は、LINEでお医者さんに相談してみてはいかがですか?
LINEのホーム画面の上にある検索窓に「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」と入力し、アカウントが見つかったら友だちに追加してください。
アカウントにタッチしてトーク画面を開くと、画面の下に「スマホでお医者さん相談」というマークがあるので、そこをタッチします。
次の画面にお医者さんがたくさん並んでいるはずです。プロフィルを見ると、それぞれ「内科」「外科」などと書かれているので、それを参考にしながら相談したい人を探してください。
利用規約やプライバシーポリシーを確認し、OKであれば「はじめる」にタッチします。次の画面で相談内容の該当する項目すべてにチェックを入れ最後に「相談をリクエスト」にタッチしてください。
タッチしたら、お医者さんとのトーク画面が開きます。あとはLINEで話すときと同じです。お医者さんに、今の状態をきちんとお話しすればいいです。

LINEで対策の最新情報を入手する方法もあります。多くの自治体が情報を発信しているので、登録しておくと便利です。
同じやり方で「新型コロナ対策パーソナルサポート」というアカウントを検索し、「友だち追加」してください。そして自分が住む都道府県を探してください。
自治体によって少し違いますが、東京の場合は「最新情報」や「よくあるご質問」、「発熱された方」、「強いだるさ・息苦しさの症状が現れた方」というマークがあります。「スマホでお医者さん相談」もそうですが、具合が悪いときはすぐに病院に行くのではなく、こういったサービスも活用することを検討してください。

配信 Willmake143

コロナ予防に野菜スープの力

2020-05-07

コロナ予防に野菜スープの力
コロナ予防に野菜スープの力「ウイルスにもガンにも野菜スープの力」という本が幻冬舎から2020年4月15日に出版されています。
著者は、副作用のない抗がん剤の研究でノーベル化学賞候補にもなった熊本大学名誉教授の前田浩先生です。
前田先生は、ウイルス感染で活性酵素が大量に生成され、細胞や核酸を傷つけることを世界で初めて明らかにしています。前田先生は本の中で、次のように書いています。

「新型コロナやインフルエンザにかかって亡くなったと聞くと、ウイルスが人を攻撃して死に至らしめたと思いがちですが、実はウイルスはきっかけにすぎないのです。
私達は、マウスを使って、1989年、世界で初めてこの事実を突き止め、科学雑誌 “サイエンス” に発表しました。
マウスとインフルエンザの実験で分かったことは、マウスにウイルスが侵入すると、免疫を司る白血球から、ウイルスを殺すための活性酸素が猛烈に放出され、ウイルスは全滅したのです。
ところが、急激に増えた活性酸素が肺の細胞や組織をも傷つけ、炎症が起こり、発熱や肺炎にいたったということです。
ウイルスは死にいたる病気の引き金ではありますが、直接の病因・死因は増えすぎた活性酸素だったのです。
つまりウイルス侵入後でも活性酸素を少なくすることができれば、発症の予防が可能なのです」。


コロナ予防に野菜スープの力活性酸素は、発ガンだけでなく、老化、動脈硬化、潰瘍、リュウマチ、アルツハイマー病の発症などにも深くかかわっているといわれています。
そこで、活性酸素を中和することが、がんの予防になると確信した先生は、抗活性酸素力のある成分を含む野菜に注目したのです。

自然界の植物は強い紫外線にさらされ、カビや病原菌や害虫の攻撃も受けているのに、自ら動いて逃げたり防御したりできないため体の中に、自分で自分の身を守る仕組みを整えたと考えられます。
ファイトケミカルです。トマトのリコペン、ホウレンソウ・コマツナのルテイン、タマネギのケルセチン、お茶のカテキン、ニンジン・カボチャのベータカロテンなど、私たちがよく食べているおなじみの野菜に多く含まれています。


コロナ予防に野菜スープの力新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスに感染しないためには、室内の換気に気を配る、手洗いやうがい、マスク着用などももちろん大切です。
でもさらに活性酸素を除去するために、ファイトケミカルを豊富に含む野菜スープを飲むことが大切です。た
とえウイルスに感染してしまったとしても、活性酸素を除去する「ファイトケミカル野菜スープ」を習慣的に飲んでいれば、軽症で済むか、早い回復が期待できますと前田先生は語っていました。

配信 Willmake143

体は顔から朽ちていく

2020-05-01

体は顔から朽ちていく
体は顔から朽ちていく「顔が朽ちる」と聞いて、どのような顔の状態をイメージしますか?

顔には、目や鼻、口(舌)、そして耳という人間が生きていく上で、とても重要な役割を果たす感覚器が集中しています。だから、その人の健康状態は顔を診断すれば、すぐにわかります。
顔には脳に直接繋がるあらゆる感覚器が集約されているため、現在の全身の状態がいちばん端的に現れる場所でもあるからです。
目、歯、AGEの第一人者たちが顔に現れるカラダの重大サインについて語った「体は顔から朽ちていく」という本がダイヤモンド社から2020年4月8日に出版されています。

同じ年齢なのに、その年齢には思えないような老けた顔の人もいれば、その一方で年齢よりもずっと若々しい顔の人もいます。
実はそこに「朽ちる」ことが大きく関わっていると本には書かれています。体の内側で静かに進行している問題が「老い」という形で表面化して、顔に出る「老い」は問題の進行度合いを表しているのだそうです。

例えば、眉間のしわです。しわが深いと老いている印象を与えると思いますが、眉間のしわが深いというのは、もっと重要な意味があるそうです。
眉間のしわが浅い人と深い人では動脈硬化が原因で亡くなってしまう確率が10倍近く高いというデータが出ているのです。
これは2018年、欧州心臓病学会でトゥールズ大学病院センター労働衛生学ヨランデ・エスキロール准教授が発表したものです。ま
た、若くして薄毛であったり、若白髪が多い人がいます。そうした髪の毛の老いが、健康にどのような影響を与えるかは、これまでわかりませんでした。
しかし、インド心臓病学会で2017年に発表された調査で、薄毛の人や、若白髪がある男性は、これらがない男性と比べて冠動脈疾患を発症する確率が、5倍以上高いという結果が出たのです。

これまで人の老化は、加齢によるものだとされてきました。長く生きていれば、加齢による老化によって、誰でも同じような時期に同じようなプロセスで老いていく、とされてきました。
皮膚にしわが出てきたり、目がかすんで見えづらくなったり、血管が硬くなり、筋肉が衰え、骨はもろくなる。しかし、すべての人が等しく老化するのならまだしも、このような理屈では、老いのスピードが人によって違うということの説明にはならないのです。
実は人が「朽ちる」のは、加齢によるものだけではなく、それよりも、私たちの体を守ってくれるはずの「免疫反応」の暴走によるところが大きいということが分かってきたそうです。


体は顔から朽ちていく「体が朽ちるのを防ぎたければ、歯と目と血液に現れる兆しを見逃さないようにすることが大事だ。将来を健康に生きるためには、そこからスタートしなけれがならない」と本には書いてあります。
どんな大きな火事も、最初はボヤです。誰も気付かない場所で小さな火が発生し、静かに広がり、だんだんと大きな炎へと変わっていく。
手遅れになれば、消火が困難な火災になってしまうことも珍しくない。大火事になるかどうかは、誰かが早めに発見して消火できるかどうかで決まります。
これは体の炎症についても同様です。そして、ボヤが起きやすい場所の一つが口なのだそうです。口腔内細菌が何らかの原因で暴れ始めると全身に広がり、静かに全身をむしばんでいく。慢性症状の始まりの一つは、口かもしれないと本には書いてあります。

配信 Willmake143

« Older Entries
Copyright(c) 2010 momiji dental clinic All Rights Reserved.